筋トレと有酸素運動の正しい順番は?

筋トレと有酸素運動にはダイエットに効果的な順番があります。
順番を間違えると効果が減少するどころか危険すら伴いますので、正しい順番とダイエットのために最適な栄養補給のタイミング、筋トレと有酸素運動の組み合わせを知りましょう。

有酸素性運動はその名の通り、酸素を使ったエネルギー代謝がメインになる運動です。
軽度~中程度の心拍数や酸素摂取量を保ったまま運動を一定時間行ないます。大きな筋肉を使いますので大量に酸素が必要になるのです。
主な有酸素運動はウォーキングや水泳、エアロビクスなどです。得意不得意があると思いますが続けやすいものを見つけましょう。
有酸素運動では脂肪をエネルギーとして消費します。たくさんの酸素を入れ替えるのに循環機能が促進されますので糖や脂質などを大量に消費するためとてもダイエットによい運動なのです。

有酸素運動を行なうことで脂肪を効率よく燃焼させメタボリックシンドロームや生活習慣病の予防にも役立ちます。
まさか無酸素運動は息を止めて行なう運動だと考えている方はいないと思いますが、無酸素運動でも有酸素系のエネルギー代謝は働いていますので酸素は必要です。

有酸素運動と無酸素運動の違いのポイントは強度です。
同じ運動でも短時間で強度を上げて行なえば無酸素運動になります。
無酸素運動では主なエネルギーが筋肉の中に蓄えられているグリコーゲン(糖が分解されたもの)です。
主な運動は重量挙げや短距離走、速いスピードで行なうスクワットなどです。

無酸素運動は、瞬発力や強い力を発揮する必要がありますので、筋肥大や筋量の増加には効果が高い運動です。
一般にいわれる筋トレは無酸素運動だと考えてもよいでしょう。
筋トレでも様々なものがあり、たとえばダンベルなどで筋トレをする際は同じ重量で行ってもゆっくり行なうか速く行うかで消費するエネルギー量も使う筋肉も変わってきますので注意しましょう。

瞬発力や筋力をつけたければ速いスピードの無酸素運動で行ないますが、筋肉や循環器系にかかる負担も大きくなりますので、筋トレは自分の体力に合ったものを選ぶことがとても大切です。
ストレッチを運動前に行なうと考えている方は意外に多いですが、運動前に何10秒かかけて筋の伸びを保持する、いわゆる静的ストレッチを行うことは、運動のパフォーマンスを阻害するどころか、筋が緩んでしまい関節に負荷がかかる危険があります。

筋肉を温める効果も低いため、運動前に行なうなら動いて身体を温めるような動的ストレッチがおススメです。
静的ストレッチが効果を発揮するのは運動後です。使った筋肉を緩め、高まった神経を鎮めてリラクゼーションするために行ないましょう。

ダイエットを効率よく行なうためには筋トレ、有酸素運動の順番に気を付けて行なうことや栄養補給のタイミングが運動のネックになっていることが理解いただけたかと思います。
人には騙されることもありますが、身体は裏切りません。どうせやるなら効果的な方法で続けてぜひダイエットを成功させましょう。

さらなる効率アップを目指すなら、筋肉サプリメントを飲むことをオススメします!
そこでオススメなのが、筋肉サプリ「キレマッスル」

あの注目の成分、HMBを豊富に配合しているキレマッスルを飲めば、効率よく筋肉をつけることができるんです!

キレマッスル評判はこちらから!

ニベアのクリームでスキンケアをする予定です。

スキンケアのために最近購入したのはニベアのクリームです(青缶入りのもの)。

ニベアといえば、小さいころからハンドクリームとして家にあったもので、冬の手が荒れるときによく使っていました。

そのクリームをスキンケアに使うことになるとは・・。

ニベアクリームを顔のスキンケアに使おうと思ったきっかけは、たまたま目にした美容についての記事にニベアがとてもいいと書かれていたからです。

最初はまさかあのお安いハンドクリームが?と思い、信じませんでした。けれど高級なクリームと似たような成分で作られているらしいので(このへんの知識は、私がかなりな拡大解釈をしてしまっているかもしれないので、正確ではないかもしれませんが)、思い切って使ってみることにしました。

ニベアなら香りもいいですし・・、顔に直接つけるものなので香りはとても重要です。すぐに使いたいのですが、今使っているクリームがまだ残っていますから、こちらを使いきってから、ニベアの青缶を使うことにします。それまでは普通のハンドクリームとして使うことにします。

ニベアのスキンケアへの有効な使い方を、今のうちに覚えておきたいので、いくつか調べました。クリームをつけてもテカテカしないようにするためには、先に化粧水をつけてから、クリームを少量そっとつけるといいそうです。こんなささいなことも、あらためて説明されてやっと気づきます(私だけでしょうか・・)。

その他、塗った後はホットタオルで顔になじませること・・など、ただつければいいというわけではなく、丁寧にスキンケアをすることが大事だということが、ニベアの使い方を調べていてわかりました。これも当たり前なことなのですが、私のいつものスキンケアはかなり雑で、コスメをただつければいいやで終わっていました。このことを反省しないといけません。

年齢を考えると、これからお肌が劣化していくので、もっと丁寧なスキンケアをしないといけないと、あらためて思いました。

脱毛をお考えの方はこちら⇒越谷 脱毛

髪について

私は昔から髪の毛が、多くて固い体質でした。
しかし、子供を3人産んでからすっかり、髪の毛の質変わってしまいました。
特に3人目を産んでから髪の毛がパサパサした感じになり抜け毛が増えてくるようになりました。
その為前は、毎日シャンプーしていましたがさすがに抜け毛の多さに毎日シャンプーが怖くなってしまいました。

そして、美容院で相談しました。
すると、産後のホルモンの影響だし、毛穴をきれいにしていたら、大丈夫だといわれ安心しました。
そして、髪の毛の上手い洗い方も教えて貰いました。私は以前は髪の毛を前から洗っていましたが、そうではなく後ろからはえぎわに沿って洗うのが正しい洗い方だと教わりました。

優しく1度あらうだけで充分だと教わりました。
それ以降私もその洗い方を頑張って続けています。
時々忘れてしまっていることもありますが。頑張っています。

髪の毛は、女性にとっては、大切なものなので、大事にしていきたいです。
また、産後の分け目が目立つことも私の悩みでした。
それは、分け目をたまに、場所を変えていくほうが髪にも良いそうです。

私はこれを聞いてから髪の毛の分け目を右と左とに変えていくようにしました。
育児でバタバタしているとついついいい加減になりますが、頑張っています。
そして、美容の化粧をするときの最後にリンパマッサージをするときに髪の毛のほうにもリンパマッサージをするようにしています。
血行の流れがよくなると髪の毛の質もよくなってくるそうです。
私には弟がいますが、まだ、若いのですが最近少し薄毛が気になりだしました。
私は、自分の身内に薄毛の人がいなかったので驚きましたが、やはり、髪の毛のトラブルは、色んな理由であるようです。

私は今のところ大丈夫ですが、私も食事の面なのからも含めて髪の毛のケアをしていきたいなぁ。と考えています。
私には子供達がいます。子供達の為にもいつまでも若々しいお母さんでいるために頑張っていきたいと、思います。

髪をキレイにしたいなら炭酸シャンプールメントがオススメです!
3日に1回使用することで髪をキレイにすることができます!
気になる方はルメント成分をどうぞ!

美容に良い食事の基本は「まごはやさしい」

美容によい食事の基本は「まごはやさしい」

巷で知られている言い回し「まごはやさしい」というのは、体によい食べ物をまとめて覚えるためのもので、ま(豆類)、ご(ゴマ)、は(わかめ=海藻類)、や(野菜)、さ(さかな=魚介類)、し(椎茸=キノコ類)、い(イモ類)を指しています。
栄養価が高く、また繊維質の多い食べ物が並んでいます。体によい食べ物は、すなわち美容にもよい食べ物と言えます。

まず最初の豆類は低カロリー、高タンパクで、ミネラルも多く含んでいます。大豆を使った加工品、納豆、豆腐でお手軽に摂れるのも魅力。発酵食品である納豆は特におススメです。
ゴマもタンパク質、ミネラルを豊富に含んでいます。ゴマに限らず、ナッツ類など木の実全般が、抗酸化栄養素を多く含んでいます。海藻類も低カロリーでミネラルが豊富。髪の美容のために積極的に摂りたい食材です。

野菜類は言うまでもありませんが、緑黄色野菜と淡色野菜どちらもまんべんなく食べたいところです。魚については、美容のためには青魚がおススメ。
某栄養ドリンクのCMで有名になったタウリンをはじめ、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)を含み、血中のコレステロールを減らして血液をサラサラにする働きがある他、疲労回復に効果があります。
疲れた顔は美容の大敵。また、DHAは頭の働きをよくする効果もあると言われているので、美容と頭脳一石二鳥の食材なのです。

キノコ類は、海藻類同様低カロリーで、ビタミンD、ミネラルが豊富です。特にビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。
注目したいのは、キノコ類、海藻類が含む食物繊維は水溶性食物繊維であること。多くの野菜に含まれている食物繊維は不溶性食物繊維なのです。
水溶性食物繊維は腸内のコレステロールなどの余分な脂質を吸着し排出する働きがあるので、ダイエット効果が期待できます。
イモ類についてはカロリーが高そうで美容のためには敬遠したい気もしますが、ジャガイモにしろ、サツマ芋にしろ、実はビタミンCが豊富なのです。里芋、山芋のネバネバ系のイモ類はやはり水溶性食物繊維を多く含む食品でもあります。
これだけいろいろと並べると、とてつもなくたくさんのものを食べなければいけなくなり、ダイエットはムリな気もしますが、どれも低カロリーで高い栄養価を含んでいるものばかりです。

調理法に気を付けながら、まんべんなく摂取したいもの。美容の基本はまず健康。ムリなダイエットではなく、自然なダイエットの方向で、きちんと食事をとりたいものです。
内から美容に効果のあることをするのは良いことですが、
外からもしっかりケアをしないといけません。

エマルジョンリムーバーは肌の根本から汚れがしっかり落ちているのでぜひ
エマルジョンリムーバー口コミ
ご覧していただきたいと思います!

化粧のプロから聞いたオススメ洗顔法

私は思春期を過ぎても口周りや額にできる大人ニキビに長い間悩まされていました。
ニキビ用の洗顔料や食生活を見直しても、なかなか改善できず、「もう、こういう体質なのかな…」と諦めかけたこともあります。

そんな私に転機が訪れたのは、洗顔料や化粧品がたくさん置いている化粧品売り場の化粧営業部員のお姉さんにアドバイスを頂いたときです。
私はその化粧部員に、人前に出る仕事の為諦めきれず、いろいろな洗顔料を試していることなど話し、自分の思っている肌質を相談しました。高い化粧品を勧められたらどうしようという気持ちもありましたが、相談してみて本当によかったです。
そのお姉さんからは、洗顔の基本的な方法や、洗顔後のケアなど細かくアドバイスを頂きました。

その洗顔法というのも簡単で、「朝の洗顔前にクレンジングをすることをまずは徹底すること」でした。

朝のクレンジングは、就寝前に塗布した化粧水や美容液が皮脂と混ざって毛穴をふさいでいるから、絶対に必要だということを、その時初めて知りました。
確かに私は乾燥肌ということもあり保湿剤をたくさんつけて就寝していました。
実際に朝にクレンジングをすることを続けると、化粧のノリも良いですしサッパリ感が全然違います。

夜の洗顔は、「シャンプーやリンスのタイミングと洗顔のタイミングが重要」ということを教えていただきました。
洗顔を先に済ませても、シャンプーやリンスが後から顔にかかるから意味がないということです。
確かに私はそんなこと意識したこともありませんでした。

この二つを聞いて、たかが洗顔、されど洗顔なのだと感じました。
高い洗顔料を買うより、基本的なことを守ってまずは改善するか試してみようと決め、その化粧品売り場を去りましたが、本当に高い買い物をせずによかったです。
続けなければ意味がありませんが、ニキビや吹き出物で悩んでいる方は、まずこの「朝のクレンジングを徹底すること」と、「夜は洗髪の後に洗顔をする」ことをやってみたらどうでしょうか。

とはいえ、洗顔だけでは潜んでいる毛穴汚れを取りの軸事は難しかったりします。

そんな時にオススメしたいのが、『エマルジョンリムーバー』です。
いったいどういうものかというと、毛穴汚れなどの気になる部分にシュッとスプレーするだけ!
それだけで、毛穴の汚れがごっそり落ちると今話題のスプレーなんです!

エマルジョンリムーバーについて気になる方は!ぜひお試しください!!