筋トレと有酸素運動の正しい順番は?

筋トレと有酸素運動にはダイエットに効果的な順番があります。
順番を間違えると効果が減少するどころか危険すら伴いますので、正しい順番とダイエットのために最適な栄養補給のタイミング、筋トレと有酸素運動の組み合わせを知りましょう。

有酸素性運動はその名の通り、酸素を使ったエネルギー代謝がメインになる運動です。
軽度~中程度の心拍数や酸素摂取量を保ったまま運動を一定時間行ないます。大きな筋肉を使いますので大量に酸素が必要になるのです。
主な有酸素運動はウォーキングや水泳、エアロビクスなどです。得意不得意があると思いますが続けやすいものを見つけましょう。
有酸素運動では脂肪をエネルギーとして消費します。たくさんの酸素を入れ替えるのに循環機能が促進されますので糖や脂質などを大量に消費するためとてもダイエットによい運動なのです。

有酸素運動を行なうことで脂肪を効率よく燃焼させメタボリックシンドロームや生活習慣病の予防にも役立ちます。
まさか無酸素運動は息を止めて行なう運動だと考えている方はいないと思いますが、無酸素運動でも有酸素系のエネルギー代謝は働いていますので酸素は必要です。

有酸素運動と無酸素運動の違いのポイントは強度です。
同じ運動でも短時間で強度を上げて行なえば無酸素運動になります。
無酸素運動では主なエネルギーが筋肉の中に蓄えられているグリコーゲン(糖が分解されたもの)です。
主な運動は重量挙げや短距離走、速いスピードで行なうスクワットなどです。

無酸素運動は、瞬発力や強い力を発揮する必要がありますので、筋肥大や筋量の増加には効果が高い運動です。
一般にいわれる筋トレは無酸素運動だと考えてもよいでしょう。
筋トレでも様々なものがあり、たとえばダンベルなどで筋トレをする際は同じ重量で行ってもゆっくり行なうか速く行うかで消費するエネルギー量も使う筋肉も変わってきますので注意しましょう。

瞬発力や筋力をつけたければ速いスピードの無酸素運動で行ないますが、筋肉や循環器系にかかる負担も大きくなりますので、筋トレは自分の体力に合ったものを選ぶことがとても大切です。
ストレッチを運動前に行なうと考えている方は意外に多いですが、運動前に何10秒かかけて筋の伸びを保持する、いわゆる静的ストレッチを行うことは、運動のパフォーマンスを阻害するどころか、筋が緩んでしまい関節に負荷がかかる危険があります。

筋肉を温める効果も低いため、運動前に行なうなら動いて身体を温めるような動的ストレッチがおススメです。
静的ストレッチが効果を発揮するのは運動後です。使った筋肉を緩め、高まった神経を鎮めてリラクゼーションするために行ないましょう。

ダイエットを効率よく行なうためには筋トレ、有酸素運動の順番に気を付けて行なうことや栄養補給のタイミングが運動のネックになっていることが理解いただけたかと思います。
人には騙されることもありますが、身体は裏切りません。どうせやるなら効果的な方法で続けてぜひダイエットを成功させましょう。

さらなる効率アップを目指すなら、筋肉サプリメントを飲むことをオススメします!
そこでオススメなのが、筋肉サプリ「キレマッスル」

あの注目の成分、HMBを豊富に配合しているキレマッスルを飲めば、効率よく筋肉をつけることができるんです!

キレマッスル評判はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です