イオン岡山が日本経済にもたらす光明

イオンモールが地方創生のカギとなるか…というニュースの見出しをみて、え?あの商店街をことごとく潰し、シャッター通りを作ったとも揶揄されるイオンが地方創生のカギ?と思ったので記事を読んでみました。

すると…、これまで都市の郊外に作られていたイオンモールですが、岡山に関しては岡山駅前から徒歩5分という立地にあるらしく、これは確かに地方創生のカギになるかも…と思ってしまいました。

今は昔と比べ、地方の繁華街などは郊外に作られたイオンモールにお客を奪われ閑散としているところがほとんどです。私も大型商業施設の建設は地方には不向きだとずっと思っていたタイプです。一つくらいならまだしも、いくつもあんなものがあってはいずれ誰も繁華街なんて行かなくなり、街の活気が失われてしまうと思ったからです。確かに家の近くに大型商業施設があるというのが便利ではあるのですが、利便性を求めた結果が今の日本です。本当の経済活性というのは一部の企業だけが儲かるという図式ではなく、街全体が儲かる、活気があるということだと思うからです。

そんな私の考えを覆してくれたのがイオン岡山です。駅前にイオンがあるというのは確かに良いと思います。大型商業施設というと広大な土地が必要となりますので駅前に作るというのは難しことだったと思うのですが、イオン岡山はやってくれました。閑散としている今だからこそ出来ることなのかもしれませんが…。これもイオンの狙いだったとしたらさすがとしかいいようがありませんね。。

駅前にイオンのような大型商業施設が出来れば、街の中心部はまた活気を取り戻す可能性があります。イオンに寄ったついでに繁華街にしかないお店などにも足を運ぶことが想定されるからです。街の中心部に客足を取り戻すことが今の地方経済に求められることだと思うので、そこにイオンを作るというのは個人的には大賛成です。

岡山以外にも今回のような展開を是非行ってほしいですね。
今度のイオンの展開に期待しましょう!