iPhoneが値上げ?

今や世界で活用されているスマートフォン、iPhone。

そんなiPhoneが世界的に値上げを敢行したというニュースが入ってきました。

値上げ幅は機種により異なるそうですが、日本円にして8000円~12000円くらいになるそうです。円安が影響しているということなのですが、それにしてもものすごい値上げ幅ですよね。

今の最新機種であるiPhone6 Plus(128GB)の正式な価格をご存知でしょうか?

日本では携帯電話キャリアが機種代を負担するというしすてむのところがほとんどなので機種代って意外と分かりませんよね。

なんと、iPhone6 Plus(128GB)は99,800円だそうです。
iPhone6って10万円もするんですね…。

そして、今回の値上げで更に高くなってしまい、111,800円となってしまったそうです…。

確かにものすごく高機能であることは間違いありませんが、まさか10万円もするとは思っていませんでした。今やパソコンよりも携帯電話の方が高い時代なんですね。

今回の値上げの背景には、やはり円安というのが大きく影響しているそうです。

それにしても10万円以上って、普通は買えない金額ですよね。
日本は各社キャリアが機種代を負担してくれるから良いですが、
外国はどのようなかたちで契約をするのでしょうね。

こういった機種代の負担は日本だけなのでしょうか?
この負担が無ければとてもじゃないですが買うことなんて出来ませんね。

日本人に生まれて本当に良かったと思います。

即日キャッシングで気をつけたいこと

最近は、インターネットを利用することで、即日融資が可能な金融機関も増えました。
ネット口座を持っていさえすれば、インターネット上で申込みから融資まで完了するのですから便利なものです。

インターネット上の公式サイトで申込みをし、本人確認の電話を携帯電話などで受ければ、誰かに知られるような心配もありません。

これまで、キャッシングを利用するためにはローンカードが必要でしたが、口座への振込を利用すれば、ローンカードが届くまで待つことなく必要なお金を手にすることができます。

このような便利なサービスですが、少しだけ注意しなければならないことがあります。

それは、どこに振込んでもらうかによって、即日でお金を手にできないこともあるからです。
銀行のシステムでは、午後2時ぐらいまでに振込手続きが完了しなければ、口座に振り込んでもらっても着金できない場合があります。
その場合、振込が完了されるのは、翌日以降になってしまいますから注意しましょう。
午後2時までには振込手続きが完了できるように、申込み時間を考える必要があります。
近頃は、ネット銀行などの利用を前提に、24時間対応のキャッシングもありますから、間に合わないと思われた場合は、そのような24時間対応のところに申込みましょう。
お金が必要になるケースというのは、急な場合が多いですから、確実にお金が借りられるように気をつけなけばなりません。
その日のうちに借りたいというのであれば、早めに申込むことをおすすめします。