日本はまだまだ経済大国

近年のグローバル化、お隣中国の高度経済成長、韓国の電化製品の躍進、東南アジア各国の経済成長…などなど、かつてアメリカに次ぐ経済大国だった日本もついには中国に抜かれ今では世界第3位となってしまいました。

なんかこのままどんどん落ちていってしまうのではないか…そんな感じの我が国日本ですが、いえ、まだまだ日本は世界でも有数の経済大国です。

確かに他国の経済成長はめざましいものがありますが、これまで世界第二位だった日本の民度はやっぱり世界でも有数です。治安大国とも呼ばれますし、日本は世界でも突出した国であることは間違いありません。

また、最近は世界でジャパニーズフードが注目されていて、世界遺産になるかならないかなどと言われているくらいです。世界にも多くの日本食企業が進出し、世界の人々の胃袋を鷲掴みにしているんです。

物づくりと言えばこれまでは日本でしたが、そのお株は今や韓国などに奪われてしまいました。これらも結局は日本から技術が流出しただけであってもともと韓国のものではありません。

日本が何かを生みだせば世界が注目することには変わりありません。

日本独自の文化がこれからのグローバル化社会に向けた戦略のカギとなってくるのだと思います。

日本はまだまだ終わりません。

但し、今のような円安で日本が儲かっていると勘違いしてはいけませんね。

日本のあるべき姿を、あるべき形で展開していくことこそ、日本の将来に結びつくように思います。

日本はまだまだ経済大国です。
そのことを日本人は誇りに思い、この国をもっと成長させるよう個々が頑張らねばいけないのではと思う訳です。

日本人の勤勉さ、真面目さはやっぱり世界一だと思います。
この精神があれば日本はまだまだ経済大国で在り続けることが出来るでしょう。