今、経済的にどこの国が熱いのか?

グローバル化社会と言われ、世界の後進国が今注目を浴びています。

これまでは中国が世界の工場と言われてきましたが、そんな中国も今や世界第二位の経済大国に成長しました。とはいっても、中国は広い訳で、まだまだ貧困地区も多々存在します。ですがそれは、ある意味中国にある伸び白と言っても過言ではないでしょう。中国はまだまだ自国民を十分に使えていない訳ですから、これからもどんどん伸びることが出来る訳です。本当に恐ろしい国ですよね。

そして、ベトナムやカンボジア、マレーシアなど、東南アジアの後進国が脚光を浴びたのは記憶に新しいと思います。

ですが、今最も熱い国はモンゴルだと言われています。

モンゴルと言えば、日本の相撲を盛り上げている力士の生まれ故郷であるあの国です。

なぜモンゴルが注目されているのか…。
それは、豊富な鉱山資源があることです。

中国にも鉱山資源はたくさんありますが、日本と中国の関係がどんな関係かはなんとなく想像出来ますよね。そんな中、相撲をホットラインに、日本とモンゴルの経済的な提携が注目されていると言います。

日本に無いものをモンゴルが持っている。
しかも、後進国である訳ですから、日本がモンゴルに進出しない手はありません。

大企業が進出すれば、多くの日本人がモンゴルに渡る訳ですから、そこにまた、日本人のマーケットが出来、飲食店などがどんどん進出していくという訳です。

モンゴルから日本の横綱が生まれているように、日本からもモンゴルの横綱が生まれて欲しいものですね。これからのモンゴル経済、要チェックですね。

日本はまだまだ経済大国

近年のグローバル化、お隣中国の高度経済成長、韓国の電化製品の躍進、東南アジア各国の経済成長…などなど、かつてアメリカに次ぐ経済大国だった日本もついには中国に抜かれ今では世界第3位となってしまいました。

なんかこのままどんどん落ちていってしまうのではないか…そんな感じの我が国日本ですが、いえ、まだまだ日本は世界でも有数の経済大国です。

確かに他国の経済成長はめざましいものがありますが、これまで世界第二位だった日本の民度はやっぱり世界でも有数です。治安大国とも呼ばれますし、日本は世界でも突出した国であることは間違いありません。

また、最近は世界でジャパニーズフードが注目されていて、世界遺産になるかならないかなどと言われているくらいです。世界にも多くの日本食企業が進出し、世界の人々の胃袋を鷲掴みにしているんです。

物づくりと言えばこれまでは日本でしたが、そのお株は今や韓国などに奪われてしまいました。これらも結局は日本から技術が流出しただけであってもともと韓国のものではありません。

日本が何かを生みだせば世界が注目することには変わりありません。

日本独自の文化がこれからのグローバル化社会に向けた戦略のカギとなってくるのだと思います。

日本はまだまだ終わりません。

但し、今のような円安で日本が儲かっていると勘違いしてはいけませんね。

日本のあるべき姿を、あるべき形で展開していくことこそ、日本の将来に結びつくように思います。

日本はまだまだ経済大国です。
そのことを日本人は誇りに思い、この国をもっと成長させるよう個々が頑張らねばいけないのではと思う訳です。

日本人の勤勉さ、真面目さはやっぱり世界一だと思います。
この精神があれば日本はまだまだ経済大国で在り続けることが出来るでしょう。

カード決済が当たり前の時代

皆さんは買い物やショッピングをした際の支払いはどうされていますか?クレジットカードでの支払い、デビットカードでの支払い、現金での支払い。

今ではお財布ケータイという支払い方法もありますね。

このような多種多様な支払い方法がある中でどのように支払いを済ませているのでしょうか?

かつては現金が一番多かったのですが、近年の電子マネーの台頭でクレジットカード決済などが主流になってきているようです。ネット上でもクレジットカードで支払いをするとポイントが付いたりするのでお得だ…というようなものもあります。

確かにポイントが付与されればお得であることは間違いありませんが、その場で現金を支払わない為、ついつい多めに買い物をしてしまう…ということもあるようです。

このように一長一短のクレジットカードですが、財布を紛失したなどのセキュリティ面を考慮しても現金よりはクレジットカードの方が安全と言えるかもしれません。

携帯電話に現金をチャージし、クレジットカードで支払えば現金を持つ必要もありませんしとても安全と言えますよね。

後は、しっかりと収支のバランスを考えカードを使うようにすればこれほど便利なものは無いと思います。

そんな便利なカード決済ですが、カード決済をすることによって何気に損をしているのがその決済をするお店なんです。実は手数料でカード会社に数パーセント引かれているんですね。ですので、お友達のお店なんかではカード決済よりも現金の方が喜ばれるということを覚えておいていいかもしれませんね。

アメリカのキャッシング事情

前回の韓国のキャッシング事情に引き続き、
今回はアメリカのキャッシング事情について書いてみようと思います。

そもそもクレジットカードなどの発祥がアメリカですので、こういうシステムのもの自体の発祥ともいえる国なんです。そんなアメリカのキャッシング事情はどのようなものなのでしょうか。

アメリカの貸金業については国で定められているのではなく、州ごとに定められているのが大きな特徴と言えます。よく銃社会と呼ばれるアメリカですが、実はこの銃の法律も国ではなく州ごとに定められているんです。かつてシカゴでは銃の所持が一切禁止となり物議を醸しだしたこともあるそうです。アメリカなのに銃が禁止の州があったなんてちょっと意外ですよね…。

そんな、州ごとに定められている借入時の上限金利ですが、アメリカの経済の中心、いや、世界経済の中心であるニューヨークを例に挙げてみますと上限金利は25%で定められいるそうです。しかし、貸金業や銀行業の許可が下りてない業者については16%が上限金利だそうです。

貸金業の許可が下りてない業者って…日本では闇金と言いんですけどアメリカではしっかりと16%という上限金利まで定められているんですね。誰でもお金を貸すことが出来るということなのでしょうか。…これについてはまた調査してみたいと思います。

上限金利については25%と、日本よりも高く設定されていることが分かりましたね。

何かと物価が高いと言われている日本ですが、前回の記事の韓国や今回のアメリカと比較するとキャッシングの上限金利は世界的に見て低いということが言えると思います。

それにしても、韓国の49%の上限金利って悪徳の闇金並みですね…。
これが国が定めた法律って…では韓国の闇金はいくらの金利で貸してるんでしょうね…。

円安107円、日本への影響とは

ここに来て円安が止まりません…。
ついに107円台にまで突入してしまいました。

円安が進めば進むほど貿易の輸出が好調になると思っている方はいませんか?確かに、円安が進むことで貿易は好調になるはなるのですが、あまりにも円安が進んでしまうとそうもいかなくなってしまうんです。

それは、海外輸出用の生産拠点が今や日本国内ではなく、その多くが海外拠点へ移管されてしまった為なんです。これまでの円高で日本企業はこぞって海外進出し、その結果、今の円安でクビを締められている格好になっているんです。

アベノミクスで円安になったおかげで輸出は好調にはなりましたが、これ以上円安が進むと海外に拠点を移している企業は減益になってしまうといいます。商売というのは本当に難しいですよね。ただ単純に物が売れれば良いという訳ではなく、このように為替も大きく影響してくるのですから…。

特に海外展開をしている大企業なんかは一体何を基準に商売をすればいいんだという感じがします。大手企業の社長はやっぱりすごいですよね。こんな状況の中会社の舵を取っている訳ですから。

これから円の相場はどうなっていくのでしょうか。

先日105円になったと思ったら、
あれよあれよと107円になってしまいました。

これが110円…、115円となってしまうといよいよアベノミクスが逆効果だったと言われ兼ねませんね。

こう円安が続くと、もう本当に気軽に海外旅行に行ける日は来ないかもしれませんね…。

韓国やグアムが気軽に行けた70円台時代が懐かしい…。

アベノミクスが行われた当初は120円台までは見込んでいたそうですが、実際に107円台までくるとちょっと様子が違うんじゃないか的な雰囲気がすごい気がします。

今後も為替情報には注目していった方が良いかもしれませんね。

韓国のキャッシング事情

何かと日本のライバル…と言われているお隣韓国ですが、韓国のキャッシング事情はどのようなものなのでしょうか。ちょっと気になりませんか?

韓国は世界的にみて経済的に裕福な国ですし、2002年には日本と共同でワールドカップも行われた先進国です。日本人の中には先進国と認めていない方もいらっしゃるようですが、最近は家電メーカーのサムスンなどの台頭で名実ともに世界を代表する先進国と言えるのではないでしょうか。

そんな韓国のキャッシング事情ですが…、なんと借入をした際の上限金利が49%だそうです。この数字だけでも十分驚きの数字なのですが、2007年に49%に引き下げられる前はなんと66%だったそうです。

上限金利が66%ってものすごい数字だと思いませんか?
借入をしただけで一気に人生が急下降しそうな…そんな金利です。

ですので韓国ではお金を借りるということはまだまだ悪いイメージがあり、日本のように学生や主婦が借入をするなんてことはほとんどないそうです。

それもそうですよね。学生や主婦が49%もの利息分を支払えるとは思えません。

そして、この韓国の上限金利が高いことに狙いを付けた日系企業も多く韓国に進出しているとか…。この点はあまり日本国内では周知の事実ではありませんが、こういうところからも韓国から日本が避難される要因になっているのかもしれませんね。

借入時の上限金利については日本と韓国はそれほど変わらない、もしくは韓国の方が少し安いくらいに思っていましたが全然逆だったので驚きました。

もしかしたら借入をして人生を狂わすことのないようにあえて高額の金利を設定しているのかもしれません。パチンコの廃止をした国でもありますからね。

日本人のイメージとは裏腹に、
韓国ってもしかしたら結構真面目な国なのかもしれませんね…。

貯金するなら定期預金で

契約書とかで銀行口座を書く時に普通預金と定期預金の項目がありますが、ほとんどの人が定期預金にチェックを付けたことが無いと思います。そもそも、多くの方が定期預金を使っていないのではないでしょうか。

あまりお金を使わない人でも普通預金にお金を入れっぱなしという人が多いと思いますが、そういう人は定期預金を利用するのが良いと言えるでしょう。

定期預金とはある一定の期間お金を預ける訳ですが、定期というだけあってその間お金を引き出すことは出来ません。その変わりの恩恵として普通預金よりも利息が高いというメリットがあります。また、一定期間お金を引き出せないというルールですので、なかなか貯金が出来ないという人も嫌でも貯金出来るというメリットもあります。

そんな中、今ネット銀行の定期預金が注目されています。ネット銀行は普通預金でも利息が高いことで有名ですが、そんなネット銀行の定期預金は更に利息が高いことで有名です。

最も利息が高いことで有名なものが、あおぞら銀行インターネット支店です。1年という短い期間の定期預金であるにも関わらず、最低50万円から出来ます。それなのに利息は年間で0.3%も付くというから驚きですね。大手銀行の普通預金ですと、年間0.02~0.03%くらいなので、この時点で10倍もの利息が付くことになります。

もちろん、多くのお金を預け、更に期間を延ばすことで更に大きな利息が付くことになりますので、あまりお金を使わない人や、貯金をしたいという人は定期預金がお勧めと言えるでしょう。

また、今ではドル預金など色々な資産運用の形態が注目されているので、自分に合ったものを選ぶと良いと思います。

ただ普通口座にお金を眠らせていた方は是非ご参考下さい。