東芝技術流出事件の被疑者、懲役5年と罰金300万円は軽い?

東芝のフラッシュメモリーの技術が韓国の半導体メーカーに流出した事件で、この一件の罪に問われた元東芝の技術者の判決が下されました。その内訳は懲役5年、罰金300万円というものでした。ちなみに、この韓国企業とはSKハイニックスという韓国では社員が21,000人にも及ぶ大手の半導体メーカーで、実はこのSKハイニックスと東芝との間では昨年の12月に330億円の和解金で若いをしています。

会社同士の和解金が330億円にも及ぶというのに、個人の罪はたった300万円?たった懲役5年?という感じがしませんか?この東芝の元技術者はSKハイニックスへヘッドハンティングされていますし、更に技術提供をすることによって莫大な報酬を得ていると見られます。それなのに罰金がたったの300万円、懲役がたったの5年…。

こんな甘い判決では、第二第三の同様の事件が必ず起こるでしょうね。
日本の技術は今もなお世界を牽引するもので、その技術が流出したことによって韓国企業が隆盛を極めたのは言うまでもありません。

韓国のスマホや電化製品、自動車など、今では多くの世界で見ることが出来ますが、今回の件を受け同じような事件がまた起こるでしょうね。なんで日本はこんなにも甘いのでしょうか。本当に経済を復活させる気があるのでしょうか。今回の件は多くの不正が行われている氷山の一角に過ぎないと思います。もう二度とこのような事件を起こさないためにも厳罰に処罰するべきだったと思うのですが…判決が下ってしまった以上もう覆ることはありませんね。

韓国のやり方、そして日本企業の在り方を今一度考える時なのではないでしょうか。

深夜残業から朝方勤務へ

深夜残業を減らして早朝出勤で仕事の効率アップを図る…こんな見出しのニュースがありました。深夜残業か早朝出勤…、おそらく日本企業で働く多くの人が深夜残業を行っているのではないでしょうか。早朝出勤をすると効率が良いというのは分かっていながら、言葉で言うほとなかなか簡単に出来ることではありません。

実際私も早朝出勤を考えたことは何度もありますが、いざ実践しようとしてみても朝の眠気には勝てず、そしてその日も残業しなければいけないと考え結局断念した覚えがあります。

しかし、今回記事になっているのは深夜残業を無くし、それを早朝出勤へシフトするというものですから、深夜残業が無いのであれば早朝出勤も出来るのでは?と思いました。深夜残業は確かに効率が悪いですよね。その時点ですでに疲れきっていますから正直仕事の効率が良いと感じたことはありませんし、朝の方が頭の中もスッキリしていますので効率が良いのは目に見えていますよね。

日本の文化として定時に帰社するというのが行いにくいというものがあり、残業することが当たり前というところが多いので、深夜残業を無くし早朝出勤をするというのを義務化するというのは非常に素晴らしいことだと思います。これを社会全体で行ったら日本全体の作業効率は格段にアップするのではないでしょうか。それに、まだ飲食店などのお店が営業している時間に帰社することが出来れば単純に消費にも繋がりますので、日本経済にとって非常に大きな影響をもたらすことになると思います。

この考え方はもっと早くに気付くべきだったと思いますし、もっと早くに実践すべきことだったのではないでしょうか。個人的にも是非このことは実践していければいいなと思っています。

イオン岡山が日本経済にもたらす光明

イオンモールが地方創生のカギとなるか…というニュースの見出しをみて、え?あの商店街をことごとく潰し、シャッター通りを作ったとも揶揄されるイオンが地方創生のカギ?と思ったので記事を読んでみました。

すると…、これまで都市の郊外に作られていたイオンモールですが、岡山に関しては岡山駅前から徒歩5分という立地にあるらしく、これは確かに地方創生のカギになるかも…と思ってしまいました。

今は昔と比べ、地方の繁華街などは郊外に作られたイオンモールにお客を奪われ閑散としているところがほとんどです。私も大型商業施設の建設は地方には不向きだとずっと思っていたタイプです。一つくらいならまだしも、いくつもあんなものがあってはいずれ誰も繁華街なんて行かなくなり、街の活気が失われてしまうと思ったからです。確かに家の近くに大型商業施設があるというのが便利ではあるのですが、利便性を求めた結果が今の日本です。本当の経済活性というのは一部の企業だけが儲かるという図式ではなく、街全体が儲かる、活気があるということだと思うからです。

そんな私の考えを覆してくれたのがイオン岡山です。駅前にイオンがあるというのは確かに良いと思います。大型商業施設というと広大な土地が必要となりますので駅前に作るというのは難しことだったと思うのですが、イオン岡山はやってくれました。閑散としている今だからこそ出来ることなのかもしれませんが…。これもイオンの狙いだったとしたらさすがとしかいいようがありませんね。。

駅前にイオンのような大型商業施設が出来れば、街の中心部はまた活気を取り戻す可能性があります。イオンに寄ったついでに繁華街にしかないお店などにも足を運ぶことが想定されるからです。街の中心部に客足を取り戻すことが今の地方経済に求められることだと思うので、そこにイオンを作るというのは個人的には大賛成です。

岡山以外にも今回のような展開を是非行ってほしいですね。
今度のイオンの展開に期待しましょう!

続く円安加速、どうなる日本経済

円の急落が止まりません。
ついに120円台まで下落してしまいました。

ついこの前まで70円台後半だったことが信じられないですよね。
あれから40円以上も円の価値が下がってしまいました。

きっかけはアベノミクスによる「大胆な金融緩和」ではありますが、確かに輸出関連の業績は上がっています。2014年の大手企業は業績アップしたところが多いようですが、中小企業などはさほど影響が無いとも言われています。

また、この急速な円安で問題となっているのが家計への圧迫です。

例えば、私たちの食卓に欠かせない牛肉ですが、円が安くなることで輸入牛肉の値段も上がってしまいます。他にも、野菜など海外の安いものは円安により軒並み価格が上がっているんです。

これまで海外で高かった日本製品が海外で安くなる代わりに、今度はこれまで安かった海外製品が高くなるということですね。どちらがいいのかと言えば、物の値段が安かった円高の時代の方が良かったのかもとも思ってしまいます。

アベノミクスの大胆な金融緩和…、
ちょっと大胆過ぎたのではないでしょうか。

また、日本は輸入大国でもあるので、円安により海外からの輸入製品はどんどん高くなります。海外ブランドの製品はもちろん、バナナやパイナップルなどのフルーツなんかも値段がどんどん上がっています。

国産ブランドの商品も減量は海外産だったりするので、結局はこれらも値段が上がっていくのです。

このように、日本の家計に大打撃を与えている急速な円安ですが、果たしてこれ以上円安は進むのでしょうか。景気が良くなったと感じれない人が多い中で、物価だけが上昇し、更には消費税も10%になったら本当に危険だと思います。

肝心の政治は選挙に向けてストップしていますし…
本当に日本はどうなっていくのでしょうか。

どうなる、日本経済…。

iPhoneが値上げ?

今や世界で活用されているスマートフォン、iPhone。

そんなiPhoneが世界的に値上げを敢行したというニュースが入ってきました。

値上げ幅は機種により異なるそうですが、日本円にして8000円~12000円くらいになるそうです。円安が影響しているということなのですが、それにしてもものすごい値上げ幅ですよね。

今の最新機種であるiPhone6 Plus(128GB)の正式な価格をご存知でしょうか?

日本では携帯電話キャリアが機種代を負担するというしすてむのところがほとんどなので機種代って意外と分かりませんよね。

なんと、iPhone6 Plus(128GB)は99,800円だそうです。
iPhone6って10万円もするんですね…。

そして、今回の値上げで更に高くなってしまい、111,800円となってしまったそうです…。

確かにものすごく高機能であることは間違いありませんが、まさか10万円もするとは思っていませんでした。今やパソコンよりも携帯電話の方が高い時代なんですね。

今回の値上げの背景には、やはり円安というのが大きく影響しているそうです。

それにしても10万円以上って、普通は買えない金額ですよね。
日本は各社キャリアが機種代を負担してくれるから良いですが、
外国はどのようなかたちで契約をするのでしょうね。

こういった機種代の負担は日本だけなのでしょうか?
この負担が無ければとてもじゃないですが買うことなんて出来ませんね。

日本人に生まれて本当に良かったと思います。

即日キャッシングで気をつけたいこと

最近は、インターネットを利用することで、即日融資が可能な金融機関も増えました。
ネット口座を持っていさえすれば、インターネット上で申込みから融資まで完了するのですから便利なものです。

インターネット上の公式サイトで申込みをし、本人確認の電話を携帯電話などで受ければ、誰かに知られるような心配もありません。

これまで、キャッシングを利用するためにはローンカードが必要でしたが、口座への振込を利用すれば、ローンカードが届くまで待つことなく必要なお金を手にすることができます。

このような便利なサービスですが、少しだけ注意しなければならないことがあります。

それは、どこに振込んでもらうかによって、即日でお金を手にできないこともあるからです。
銀行のシステムでは、午後2時ぐらいまでに振込手続きが完了しなければ、口座に振り込んでもらっても着金できない場合があります。
その場合、振込が完了されるのは、翌日以降になってしまいますから注意しましょう。
午後2時までには振込手続きが完了できるように、申込み時間を考える必要があります。
近頃は、ネット銀行などの利用を前提に、24時間対応のキャッシングもありますから、間に合わないと思われた場合は、そのような24時間対応のところに申込みましょう。
お金が必要になるケースというのは、急な場合が多いですから、確実にお金が借りられるように気をつけなけばなりません。
その日のうちに借りたいというのであれば、早めに申込むことをおすすめします。

今、経済的にどこの国が熱いのか?

グローバル化社会と言われ、世界の後進国が今注目を浴びています。

これまでは中国が世界の工場と言われてきましたが、そんな中国も今や世界第二位の経済大国に成長しました。とはいっても、中国は広い訳で、まだまだ貧困地区も多々存在します。ですがそれは、ある意味中国にある伸び白と言っても過言ではないでしょう。中国はまだまだ自国民を十分に使えていない訳ですから、これからもどんどん伸びることが出来る訳です。本当に恐ろしい国ですよね。

そして、ベトナムやカンボジア、マレーシアなど、東南アジアの後進国が脚光を浴びたのは記憶に新しいと思います。

ですが、今最も熱い国はモンゴルだと言われています。

モンゴルと言えば、日本の相撲を盛り上げている力士の生まれ故郷であるあの国です。

なぜモンゴルが注目されているのか…。
それは、豊富な鉱山資源があることです。

中国にも鉱山資源はたくさんありますが、日本と中国の関係がどんな関係かはなんとなく想像出来ますよね。そんな中、相撲をホットラインに、日本とモンゴルの経済的な提携が注目されていると言います。

日本に無いものをモンゴルが持っている。
しかも、後進国である訳ですから、日本がモンゴルに進出しない手はありません。

大企業が進出すれば、多くの日本人がモンゴルに渡る訳ですから、そこにまた、日本人のマーケットが出来、飲食店などがどんどん進出していくという訳です。

モンゴルから日本の横綱が生まれているように、日本からもモンゴルの横綱が生まれて欲しいものですね。これからのモンゴル経済、要チェックですね。

日本はまだまだ経済大国

近年のグローバル化、お隣中国の高度経済成長、韓国の電化製品の躍進、東南アジア各国の経済成長…などなど、かつてアメリカに次ぐ経済大国だった日本もついには中国に抜かれ今では世界第3位となってしまいました。

なんかこのままどんどん落ちていってしまうのではないか…そんな感じの我が国日本ですが、いえ、まだまだ日本は世界でも有数の経済大国です。

確かに他国の経済成長はめざましいものがありますが、これまで世界第二位だった日本の民度はやっぱり世界でも有数です。治安大国とも呼ばれますし、日本は世界でも突出した国であることは間違いありません。

また、最近は世界でジャパニーズフードが注目されていて、世界遺産になるかならないかなどと言われているくらいです。世界にも多くの日本食企業が進出し、世界の人々の胃袋を鷲掴みにしているんです。

物づくりと言えばこれまでは日本でしたが、そのお株は今や韓国などに奪われてしまいました。これらも結局は日本から技術が流出しただけであってもともと韓国のものではありません。

日本が何かを生みだせば世界が注目することには変わりありません。

日本独自の文化がこれからのグローバル化社会に向けた戦略のカギとなってくるのだと思います。

日本はまだまだ終わりません。

但し、今のような円安で日本が儲かっていると勘違いしてはいけませんね。

日本のあるべき姿を、あるべき形で展開していくことこそ、日本の将来に結びつくように思います。

日本はまだまだ経済大国です。
そのことを日本人は誇りに思い、この国をもっと成長させるよう個々が頑張らねばいけないのではと思う訳です。

日本人の勤勉さ、真面目さはやっぱり世界一だと思います。
この精神があれば日本はまだまだ経済大国で在り続けることが出来るでしょう。

カード決済が当たり前の時代

皆さんは買い物やショッピングをした際の支払いはどうされていますか?クレジットカードでの支払い、デビットカードでの支払い、現金での支払い。

今ではお財布ケータイという支払い方法もありますね。

このような多種多様な支払い方法がある中でどのように支払いを済ませているのでしょうか?

かつては現金が一番多かったのですが、近年の電子マネーの台頭でクレジットカード決済などが主流になってきているようです。ネット上でもクレジットカードで支払いをするとポイントが付いたりするのでお得だ…というようなものもあります。

確かにポイントが付与されればお得であることは間違いありませんが、その場で現金を支払わない為、ついつい多めに買い物をしてしまう…ということもあるようです。

このように一長一短のクレジットカードですが、財布を紛失したなどのセキュリティ面を考慮しても現金よりはクレジットカードの方が安全と言えるかもしれません。

携帯電話に現金をチャージし、クレジットカードで支払えば現金を持つ必要もありませんしとても安全と言えますよね。

後は、しっかりと収支のバランスを考えカードを使うようにすればこれほど便利なものは無いと思います。

そんな便利なカード決済ですが、カード決済をすることによって何気に損をしているのがその決済をするお店なんです。実は手数料でカード会社に数パーセント引かれているんですね。ですので、お友達のお店なんかではカード決済よりも現金の方が喜ばれるということを覚えておいていいかもしれませんね。

アメリカのキャッシング事情

前回の韓国のキャッシング事情に引き続き、
今回はアメリカのキャッシング事情について書いてみようと思います。

そもそもクレジットカードなどの発祥がアメリカですので、こういうシステムのもの自体の発祥ともいえる国なんです。そんなアメリカのキャッシング事情はどのようなものなのでしょうか。

アメリカの貸金業については国で定められているのではなく、州ごとに定められているのが大きな特徴と言えます。よく銃社会と呼ばれるアメリカですが、実はこの銃の法律も国ではなく州ごとに定められているんです。かつてシカゴでは銃の所持が一切禁止となり物議を醸しだしたこともあるそうです。アメリカなのに銃が禁止の州があったなんてちょっと意外ですよね…。

そんな、州ごとに定められている借入時の上限金利ですが、アメリカの経済の中心、いや、世界経済の中心であるニューヨークを例に挙げてみますと上限金利は25%で定められいるそうです。しかし、貸金業や銀行業の許可が下りてない業者については16%が上限金利だそうです。

貸金業の許可が下りてない業者って…日本では闇金と言いんですけどアメリカではしっかりと16%という上限金利まで定められているんですね。誰でもお金を貸すことが出来るということなのでしょうか。…これについてはまた調査してみたいと思います。

上限金利については25%と、日本よりも高く設定されていることが分かりましたね。

何かと物価が高いと言われている日本ですが、前回の記事の韓国や今回のアメリカと比較するとキャッシングの上限金利は世界的に見て低いということが言えると思います。

それにしても、韓国の49%の上限金利って悪徳の闇金並みですね…。
これが国が定めた法律って…では韓国の闇金はいくらの金利で貸してるんでしょうね…。